前撮りなら和装がグッド「着付けを任せられる」

式場

着物も着てみよう

結婚式を行うとき、和装と洋装とどちらにしようか迷いますよね。ウェディングドレスはあこがれですが、せっかく日本に住んでいるなら和装も捨てがたいです。しかし、和装は長時間着ているとしんどいかも、とか、動きにくそうと考えてウエディングドレスにする人も多いでしょう。あこがれはあるけど、本番の結婚式では着る自信がない。でもせっかくなら着てみたいと感じているのならば、前撮りがお勧めです。前撮りなら、本番で着る必要はありませんが写真に残すことができます。和装の前撮りをしている式場なら、用意するものは足袋くらいです。他はすべて用意さえていて、スタッフが着付けから化粧までしてくれます。撮影はもちろんプロのカメラマンです。ゆっくりと納得のいく写真を撮ってくれるでしょう。結婚式の和装が着られるのは花嫁さんだけです。ぜひ、体験してみて下さい。

新郎新婦

撮影の時に気を付けること

和装の前撮りが初めてなら、いろいろと不安ですよね。しかし、スタッフの方が丁寧に着付けから化粧までしてくれるので安心です。気を付けないといけないことは、化粧です。和装用の化粧をするので、できたらすっぴんで行くほうが化粧を落とす時間がなくてスムーズです。また、足袋は用意しないといけない場合が多いので、購入しておいたほうがいいでしょう。後は、頭につけるかつらなどが意外と重いので、疲れてきたらスタッフに伝えて、休憩しても大丈夫です。せっかく写真に残すのに、疲れた顔をしていては前撮りが台無しになってしまいます。そして大事なのは、恥ずかしがらず楽しむことです。専門のカメラマンに写真を撮られる機会はそうそうないので、緊張してぎこちなくなってしまいがちですが、楽しまないと損です。以上のことに気を付けて撮影に望んでください。