前撮りをすれば結婚式に写真が使える!和装で前撮りするメリット

花嫁

日本ならではの和装

結婚式をする前までに和装・洋装ともに前撮りをする人がいますが、事前に前撮りをすることで、結婚式当日にバタバタしなくて済むというメリットがあります。特に和装は支度に準備が掛かりますので、時間に余裕を持って着付けをして撮影をしたほうが、より良い写真を残す事が出来るでしょう。また、前撮りをすることで色んな衣装を着る楽しみも産まれます。

予約から撮影当日までの流れ

神前式

事前に来店して衣装を見る

店舗に行って、前撮りの説明を受けたあと、和装見学を行います。時間に余裕を持って行動するようにしましょう。

衣装の打ち合わせを行う

スタジオには沢山の和装がありますので、実際に試着をしてどの衣装にするかを決める時間を設けなくてはいけません。

撮影日を決めて予約金を支払う

衣装を決めたら、実際に撮影する日を予約して、予約金の支払いを行いましょう。店舗によっては予約金が無いところもあります。

撮影日までに必要な物を揃える

和装下着や肌襦袢、足袋などスタジオで用意しないものもありますので、事前に必要な物を聞いて準備しておきましょう。

コンディションを整えて撮影

必要に応じてブライダルエステなどに通い、コンディションを整えた上で撮影に望めば良い思い出を残す事が出来ます。

余裕を持って挑むことが大事

和装の前撮りは非常に準備も大変になりますので、ちゃんと余裕を持って撮影をしましょう。

前撮りと後撮りのメリットの違い

結婚式前なので招待状などに使える

結婚式を挙げる前に撮影をする前撮りは、撮った写真を結婚式に活用できます。

ハネムーンで撮影出来る

結婚式の後に撮影をするため、ハネムーンでのロケーションフォトを楽しむ事が出来ます。

前撮りをするメリット

前撮りする事は、時間に余裕を持って色んな衣装で撮影をする事が出来るため、より良い思い出を作る事が出来ます。